フォト

その他のアカウント

各種登録ボタン

  • この記事を共有しませんか?
  • この記事を定期購読しませんか?
    (作動しないブラウザもあります)

ブログランキング参加中

  • ランキングに参加しています。
    ぜひクリックをお願いします。
    他のブログにもたどりつけます。

    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

    にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ





ツイッター

« てんかんとつぶやき:てんかん外科手術 | トップページ | てんかんの診断:多彩な発作と類似する発作 »

2013年2月 2日 (土)

てんかんとケトン食療法の歴史:発展期

久々の更新となってしまいました。
深くお詫びを申し上げます。

この記事は、
「てんかんとケトン食療法の歴史:黎明期」
http://kodomonotenkan.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-4e10.html
の続きになります。

1921年に「ケトン食療法」が始まりましたが、
その当時のケトン食の組成は、

1日あたり
・10gから15gの炭水化物(糖質)
・体重1kgあたり1gのタンパク質(蛋白質)
・それ以外は脂肪(脂質)

であり、
すでに現在とほぼ同様の組成でした。

その後、
最適なケトン食の組成が模索され、
ハーバード大学のTalbot先生により、
脂肪を4gに対して炭水化物とタンパク質を合わせて1gとする、
4対1ケトン食療法」が確立されました。

なお、
その当初は、
ケトン比」あるいは「ケトン指数」(いずれもKeto
genic Ratio)として、

ウッドヤットの式
(0.46タンパク質[g]+0.9脂肪[g])/
(炭水化物[g]+0.58タンパク質[g]+0.1脂肪[g])

が使用されていましたが、
計算が非常に煩雑となるため、
その後は、

Talbot先生による
(脂肪[g])/(炭水化物[g]+タンパク質[g])

が使用されるようになりました。

なお、
諸外国での「ケトン比(Ketogenic Ratio)」の算出は、
後者が一般的になりますが、
日本での「ケトン指数(Kegogenic Ratio)」の算出は、
後者の場合もあれば前者の場合もあり、
両者で計算結果がやや異なるため、
混乱しないように注意が必要です。

私個人とし
ましては、
・後者の方が簡便であること
・諸外国の教科書、論文、調理本は後者のみ使用していること
から、
後者を使用しており、
今後は日本でも後者に統一されていくものと推察しております。


1921年の当時には、
抗てんかん薬としては、
・臭化カリウム
・フェノバルビタール
のわずか2種類しかありませんでした。
いずれの抗てんかん薬も、
現在では「第1選択薬」ではなくなっています。

ですので、
1920年代から1930年代にかけて、
このケトン食療法は、
広く受け入れられるようになりました。

続きます。

<警告>
「ケトン食療法」の開始時は、
さまざまな危険な副作用が出現する可能性があるため、
経験の豊富な医師により原則として入院監視下に開始されます。
くれぐれも医師の指示なしに実施しないでください。

ランキングに参加しております。
この記事が役立ちそうと感じた方は、ぜひクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

参考文献
Wheless JW: History and origin of the ketogenic diet.
  Epilepsy and the ketogenic diet.p31-50,2004

« てんかんとつぶやき:てんかん外科手術 | トップページ | てんかんの診断:多彩な発作と類似する発作 »

てんかんの治療」カテゴリの記事

ケトン食療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590647/56677405

この記事へのトラックバック一覧です: てんかんとケトン食療法の歴史:発展期:

« てんかんとつぶやき:てんかん外科手術 | トップページ | てんかんの診断:多彩な発作と類似する発作 »

ブログを読まれる前に

  • このブログの記事は、
    あくまで一個人の見解です。
    診療を提供するものではなく、
    記事の解釈により生じた問題に
    責任を負うものではないことを、
    あらかじめご理解ください。

全過去記事一覧

ブログへのリンク

  • もちろんリンクフリーです。
    ぜひ他の方へもご紹介ください。
    このブログのバナーになります。 子どものてんかんのブログ
    バナーの貼り付け方

てんかん関連リンク集

てんかん患者さんリンク集

ブログ村情報

無料ブログはココログ

ブログ管理用