フォト

その他のアカウント

各種登録ボタン

  • この記事を共有しませんか?
  • この記事を定期購読しませんか?
    (作動しないブラウザもあります)

ブログランキング参加中

  • ランキングに参加しています。
    ぜひクリックをお願いします。
    他のブログにもたどりつけます。

    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

    にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ





ツイッター

« てんかんと運転免許:まず発作の有無で区別 | トップページ | てんかんとiPS細胞:テーラーメイド治療への期待 »

2013年1月 8日 (火)

てんかんとケトン食療法:その理解のために

みなさんは「ケトン食療法」についてご存知でしょうか。

このブログでも、
「てんかんと映画とケトン食療法」
 http://kodomonotenkan.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-0d8d.html
「てんかんと聖書とケトン食療法」
 http://kodomonotenkan.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-c5d6.html
で少し取り上げました。

ケトン食は、
脂肪を増やし炭水化物とタンパク質を減らした食事です。

血液と尿の中に、
ケトン体」というものが出てくるのでその名がついています。

尿中ケトン体検査
尿中ケトン体検査(public domain, by Colin)

ケトン食療法は、
主に小児の難治性てんかんに対する治療の一種であり、
以前は“last resort(最後の選択肢)”といわれていましたが、
最近ではより早めに試みられるようになってきています。


しかし、
諸外国ではすでに45か国以上で実施されていますが
(文献1)
日本ではいまだに十分には普及しておらず、
ほんの一部の施設でのみ実施しているのが現状です。

その理由のひとつには、
患者さんやご家族のみならず、
医療従事者にも十分に理解されていないことがあります。

このブログでは、
・歴史(紀元前から現代まで)
・種類(古典型やアトキンス変法など)
・仕組み(高ケトンや低血糖など)
・作用と副作用(有効性や忍容性など)
・根拠(エビデンスなど)
・適応と禁忌(てんかんや基礎疾患など)
・実際(計算方法や調理方法など)
などについて書いていきたいと思います。

しかしながら、
あくまでも医師としての記事となりますので、
むしろ、
患者さんやご家族のみなさんのご意見がとても参考になります。

みなさんからのご意見やご要望をお待ちしています。

ランキングに参加しております。
この記事が役立ちそうと感じた方は、ぜひクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

参考文献
[1] Kossoff EHとMcGrogan JR: Epilepsia 2005;46:280-289.

« てんかんと運転免許:まず発作の有無で区別 | トップページ | てんかんとiPS細胞:テーラーメイド治療への期待 »

てんかんの治療」カテゴリの記事

ケトン食療法」カテゴリの記事

てんかんの知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590647/56493872

この記事へのトラックバック一覧です: てんかんとケトン食療法:その理解のために:

« てんかんと運転免許:まず発作の有無で区別 | トップページ | てんかんとiPS細胞:テーラーメイド治療への期待 »

ブログを読まれる前に

  • このブログの記事は、
    あくまで一個人の見解です。
    診療を提供するものではなく、
    記事の解釈により生じた問題に
    責任を負うものではないことを、
    あらかじめご理解ください。

全過去記事一覧

ブログへのリンク

  • もちろんリンクフリーです。
    ぜひ他の方へもご紹介ください。
    このブログのバナーになります。 子どものてんかんのブログ
    バナーの貼り付け方

てんかん関連リンク集

てんかん患者さんリンク集

ブログ村情報

無料ブログはココログ

ブログ管理用