フォト

その他のアカウント

各種登録ボタン

  • この記事を共有しませんか?
  • この記事を定期購読しませんか?
    (作動しないブラウザもあります)

ブログランキング参加中

  • ランキングに参加しています。
    ぜひクリックをお願いします。
    他のブログにもたどりつけます。

    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

    にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ





ツイッター

« てんかんと運転免許:まず主治医と相談 | トップページ | てんかんとケトン食療法の歴史:発展期 »

2013年1月19日 (土)

てんかんとつぶやき:てんかん外科手術

ツイッター」を活用することにより、
てんかんの最新情報を入手することができますし、
立場の垣根を越えてのやりとりもしやすくなります。

例えば、
昨18日(金)深夜の、
アメリカてんかん学会の「つぶやき」です。

AES @AmEpilepsySoc
“Epilepsy Surgery: A Broken Bridge Between Utility and Utilization”
by Mohamad Koubeissi, MD
http://www.aesnet.org/files/dmfile/i1535-7511-12-5-194_Clinical_Koubeissi.pdf …

てんかんの最新情報が紹介されています。

以下が概略です。


アメリカてんかん学会:
てんかん外科手術:有用性と利用率の間の壊れた架け橋

①難治性てんかん患者さん
 112,026人中6,653人(5.9%)が
 てんかん外科手術を受けた。
 白人と民間医療保険加入者が多かった。
 まだまだ利用率は低い。
 2種類の抗てんかん薬が効かなければ手術を考慮すべきである。

②2種類の抗てんかん薬が効かなかった
 内側側頭葉てんかん患者さん38人中15人が
 すぐにてんかん外科手術を受けた。
 手術2年後では
 手術と内服の15人のうち発作なしは11人であったが
 内服のみの23人のうち発作なしは0人だった。


これは、
てんかん先進国であるアメリカにおいても、
てんかん外科手術の有用性に対
して利用率はまだ低く、
それは人種や保険(貧富の差)が影響しているが、

2種類の抗てんかん薬が効かなければ、
早めに手術を考慮すべき、

という啓蒙の一環になります。

私は、
ひとりでも多くの方
見ていたただけるように、
この概略を「リツイート」させていただき、
さらに以下の「つぶやき」も追加いたしました。


てんかん外科手術は
MRI検査が「正常」でも
受けられる可能性が大いにあります。

①普通のMRI検査では
 病変が見えないことが多くあります。
 専門の病院で
 てんかん外科手術のための撮り方をして
 専門医が読み取ると初めて見えることがあります。

②病変が見えなくても
 入院長時間脳波、SPECT、PET、脳磁図検査などで
 焦点がわかることがあります。
 焦点がわかれば
 頭蓋内脳波検査で確かめて
 手術を受けられることもあります。



また、
最近では他の医師、患者さんや報道機関などと、
運転免許」や「就職」などの問題について、
やりとりをすることも多くなってきました。


ホームページは「静的」、
ブログでは「準静的(準動的)」、
ツイッターでは「動的」、
な情報を交換することができます。

みなさんも、
ツイッター」で「てんかん」についてつぶやいてみませんか?
@kodomonotenkanのフォローもお待ちしております。

以前の記事も参考にされてください。

「てんかんとつぶやき」
http://kodomonotenkan.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-fbc7.html

「てんかんとつぶやきのニュース」
http://kodomonotenkan.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2fab.html

ランキングに参加しております。
この記事が役立ちそうと感じた方は、ぜひクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

« てんかんと運転免許:まず主治医と相談 | トップページ | てんかんとケトン食療法の歴史:発展期 »

てんかんの治療」カテゴリの記事

てんかんのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590647/56574423

この記事へのトラックバック一覧です: てんかんとつぶやき:てんかん外科手術:

« てんかんと運転免許:まず主治医と相談 | トップページ | てんかんとケトン食療法の歴史:発展期 »

ブログを読まれる前に

  • このブログの記事は、
    あくまで一個人の見解です。
    診療を提供するものではなく、
    記事の解釈により生じた問題に
    責任を負うものではないことを、
    あらかじめご理解ください。

全過去記事一覧

ブログへのリンク

  • もちろんリンクフリーです。
    ぜひ他の方へもご紹介ください。
    このブログのバナーになります。 子どものてんかんのブログ
    バナーの貼り付け方

てんかん関連リンク集

てんかん患者さんリンク集

ブログ村情報

無料ブログはココログ

ブログ管理用